アラフォー世代

 アラフォーという言葉も流行りました。これは一昨年のTBS系金曜ドラマ「Around 40」からの派生語です。実はアラサー「Around 30」という言葉がそれ以前にあったわけですが、こちらはあまり流行らず、とにかくアラフォーという言葉がブレイクしました。とくに女性をさしてアラフォー世代という場合が多いようです。

 アラフォーたちが就職して会社に勤め始めたのが、ちょうど新しく男女雇用均等法が施行されたすぐ後にあたります。今でこそ男女平等の雇用は当たり前ですが、この法律が施行されたすぐ後ですから、とくに働く女性がもてはやされたのです。「バリバリと働く女性」、「仕事のできる女」がとてもかっこよく、30代になっても結婚など全く考えず、とことん仕事にかける女性がたくさんいました。今のように仕事も家庭も両立させるということが、できにくかった背景もあると思います。

 そのアラフォーたちは、今、ふと気付いてみると独身なわけです。今まで積み上げてきたものはとても大きく、みんな立派な方たちです。しかし結婚して家庭を築こうという努力だけはしないできた方たちなのです。回りがみんな同じような人たちですから、今まで気にしないできました。特に都会では、年齢が高くても結婚しない人が非常に多く、独身でいて何一つ不自由することもなかったわけです。しかしAround 40 になってみてふと今後の自分を考えてみたとき、独身ではまずいと思い始めるのです。アラウンド 40 になると出産のタイムリミットもせまってきます。

 家族といったら両親や兄弟もいるし、自分はひとりではないとそういつも思っていた。しかし40才前後になると、いつまでも親は元気ではないし、兄弟たちはそれぞれ新しい家庭をつくっていかなければ、やはり最終的に自分は一人残されてしまうし、それに自分だっていつまでも若くないんだということに気づき、急にあせりが出てくるのですね。

 過去に戻ることはできません。ですからがこれからが勝負かと思います。「アラフォーの婚活」 というのもいいのではないでしょうか。立派な方たちだから、結婚相手を探し出すのもうまいかもしれません。結婚相談所には様々なご年齢、ご職業の方々が集まっています。ぜひ積極的に結婚相談所をご利用下さい。ただし、思い立ったら少しでも早い方がいいです。やはりご年齢が大きくものを言うのです。1才でも若い方が有利なのです。よく「自分は見た目は若いんだけどな。」と言われる方がいらっしゃいますが、それは多少はメリットにはなっても、やはり結婚となると実年齢が重要です。日本が多少年齢をごまかせる国であればいいかもしれませんけどね。それは無理ですからね~。