もっと合う人がいるはず?

 結婚がなかなか決まらない人の中に、「自分にはもっと合う人がいるはず?」と常に思っていて、理想が高くてなかなか妥協しない人がいます。何人の人とつきあっても、いい面はあるけど、悪い面がどうしても譲れないなどと言って、なかなか結婚に踏み切れない人たちです。

 婚活時代到来!の話にも通じるのですが、恋愛の自由化が進んで、いろいろな人と知り合うチャンスができ、交際する人の選択の幅が広がったせいで、目が肥えて相手を見る目も厳しくなり、理想も高くなったのも一因かもしれませんね。

 昔は、あまり理想などなく、たまたま1番身近にいた人だからという理由で簡単に結婚してしまう人も多かったようです。1番はじめに付き合った人とずっと一途に付き合い通して結婚する人も多く、これでは他の人と比べようもありませんから、迷うことなく結婚しやすかったのでしょうね。

 そう考えると、たくさんの人と会いすぎるのはかえって迷う原因になるかもしれませんね。しかし、たくさんの人と知り合って自分も磨き、そして理想を高くしていくというのはけっして悪いことではありません。今や「婚活」の時代です。結婚相談所を利用して、たくさんの人の中から理想の方を選び抜いていただきたいと思います。

 結婚相談所の良い面は、たくさんの相手から選べるだけではなく、自分のモテ度もわかるということです。理想はいくらでも高く持たれて結構なのですが、自分に不釣り合いな理想ばかりかかげていては、いつまでも決まらないのです。条件を変えることによって、相手からの申し込みやOKの返事をもらえる率も変わってきます。たくさんある希望条件の中で、どれを妥協しないと結婚できないか、どれなら妥協しなくていいかがわかってきます。自分自身の現在のモテ度を知った上で、それに見合った希望条件を挙げれば、自分に本当に合う人を見つけられる可能性が高くなるのです。これは普通の恋愛ではなかなかできないことです。己を知ることによって、ふさわしい相手を選び出せるようになるというのも、結婚相談所ならではだと思います。