お見合いってどんな風なんですか?

 今、一般に結婚相談所で「お見合い」と呼んでいるものは、一昔前の格式ばったお見合いとは違います。2人だけで会うか、あるいは双方もしくは片方の仲人が立ち会うことはもちろんありますが、ご両親まで出てくることはめったにありません。結婚相談所 お見合い場所もホテルのラウンジやカフェなどカジュアルな雰囲気の中で行われます。お互いにプロフィールを見た同士が双方ともOKの場合に、2人で会ってみる、これが今の結婚相談所のお見合いと考えていいと思います。

 本来のお見合いが、適齢期の男女をお世話する人が相手を紹介して、双方がOKの返事であれば場所を決めて行うものだったわけで、今の結婚相談所も本質的にはやっていることに変わりはないので、そのままお見合いと言う言葉が使われるに至ったのだと思います。しかし内容はもっとずっと気楽なものになっているというわけです。

 昔のお見合いは、たいてい数人が入れるぐらいの落ち着いた雰囲気の個室で、双方の両親やお世話したした人なども交えて行われていました。経歴や現在の生活、職業、趣味や性格などについて紹介しあった後、世間話で和んできてから、「こんなところじゃ話ずらいだろう。お二人ででかけていらっしゃい。」などと言われて、二人がその輪からはずれてデートに出かけるわけです。残りの人たちは適当なところで解散となります。

 結婚相談所エトゥワール東京も、ご希望があれば、こんな風な昔ながらのお見合いも可能です。元々結婚自体が両家の結びつきのわけですし、お父様、お母様に最初に相手を見ておいていただくのはメリットとも言えますので、ご検討いただいても良いかとは思います。

 それはさておき、普通はもっと気楽なお見合いです。ホテルのロビーで待ち合わせをして、そのホテルに入っているカフェで自己紹介も含めてある程度お話をします。区切れのいいところでカフェを後にして、もう一箇所ぐらいどこかでかけます。場所を変えて食事をしたり、散歩をしたり、いろいろです。初日はあまり遅くならないように、ほどほどのところで切り上げるのが礼儀です。

 そしてお会いした次の日までに相談所の方まで、お返事をいただくことにしています。